ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索
アロマ ディフューザー

リビングでは拡散範囲の広い電気のアロマディフューザーを使っているんだけど、
今回は置き型タイプのディフューザーを作ってみたよ。

天然のアロマオイルには香りの強弱があるので、配合量は好みになるまで試してみてね。

一般的な人工香料の強いディフューザーよりは拡散範囲が狭いけど、そこを通り過ぎるときにナチュラルな香りに癒されるよ。

材料&作り方

  • 空き瓶
  • 無水エタノール
    瓶の30%
  • 水道水
    瓶の60%まで
  • 好みのアロマオイル
    10滴~(瓶の大きさに応じて)
  • アロマスティック(リードや竹ひご)
    5~10本
  • 【1】
    空き瓶に無水エタノールを注ぎ、アロマオイルを加え軽く瓶ごとゆする。
  • 【2】
    水道水を加え瓶をゆすり、スティック(リードや竹ひご)をさす。

さしてあるスティックは、雑貨屋さんなどに売っているディフューザー専用スティックでもいいけれど、
ホームセンターで竹ひごを見つけてきても良いし、この画像のように木の枝でも大丈夫。


読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!
シアバター入りリップクリーム

リップは、スティックのリップケースに作る場合と、クリームを入れるような小さい容器に作る場合で、かたさを変えた方がいいのだ。

直接唇にあてるリップケースの場合、ちょっとかたい方が折れにくいし、唇の熱も伝わりやすいからあまりやわらかくない方がいいんだよね。

対するクリームのケースは指でとるものだから、あんまりかたいと、塗れないんだよね~!特に冬は!

今回のは、いつもよりちょいかため、スティックケースにちょうどよくて、しかも冬向けに保湿力抜群な感じに仕上げた~!

材料

  • ミツロウ         6g
  • ククイナッツオイル      8g
    キャリアオイルは、ホホバオイル、アーモンドオイル、など比較的安価なものでOK!
  • シアバター         7g
  • サプリメントのビタミンE 2粒
  • アロマオイル       5滴
    (ティートゥリー、ラベンダー、ベンゾインを使ったよ)

作り方

  1. ガラスビーカー(瀬戸物の容器)に、ミツロウ、キャリアオイル(ククイナッツ、アーモンド、ホホバなど)、シアバターを入れて、ミツロウが溶けるくらい電子レンジにかけます。
  2. その間に、アロマオイルのふたを開けておきます。
  3. 大体ミツロウが溶けたら、電子レンジから取り出し、ヘラや箸で、混ぜます。
  4. 手早くアロマオイルとビタミンEのサプリメントの中身(楊枝でつついて、絞り出したもの)を混ぜ、かたまらないうちに、リップクリームのケースに入れます。
  5. かたまるまで常温におきます。冷蔵庫には入れちゃダメです。

ココがポイント

  • アロマオイルの内ブタを開けるのに苦労して、その間にちょっとずつビーカーの中のリップクリームが固まってきてしまい・・・。おいらはそんな失敗をするので、あらかじめ、ふたは開けておこう~!
  • アロマオイルは、柑橘系のような光毒性のあるもの以外を使ってね。無難なのはラベンダーや、ティートゥリーかな。

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!
バラの花びら化粧水

まるでワイン!
バラの花びらを煮だして、化粧水を作ってみたよ。
おいらはいつも、ご主人さまのもにゅきのために、化粧水を手作りしているんだけど、
(手作りだと1本数十円でできちゃうからね!)
バラがいっぱい来たから、ここぞとばかりに作ってやったさ~!

バラの花びら化粧水

材料

  • 精製水     100cc
  • バラの花    7個分以上
  • グリセリンなど 

作り方

  1. 鍋に花びらと精製水を入れて、沸騰させ、弱火で5分程度煮つめます。
  2. 写真くらい濃い色の液ができたら、冷蔵庫で保管!一部を取り出して、精製水で適当な色になるまで薄めます。
  3. グリセリン、キトサンなどの保湿成分を添加して、フリフリしたらできあがり!

ココがポイント

  • 濃さはシソジュースくらい!ってわかりにくい・・・?
    あんまり濃いと、肌に赤い液が残っちゃうから、それが残らない程度にね!
  • バラの農薬が気になるヒトは、ハンドケアよう化粧水にしちゃうとかがいいと思うよ。もちろん、無農薬バラがいいね~。でも買ったものじゃわからないよね。自分で育てたバラがいいよね。
  • 冷蔵庫に入れても、保存料が入ってないから早めに使ってね!
  • できあがりの香りは、ローズヒップティーみたいな感じだよ!手につけたらモチモチしたよ。保湿成分を添加する必要もないかもしれない!

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!

さっきテレビでやってたの!
手作りでインフルエンザ予防スプレーを作る方法。

エタノールの消毒ジェル(手ピカジェルみたいなやつ)もほとんど売り切れてきたけれど、
無水エタノールならまだ買えるから、それで手作りしちゃおう!
おいらもさっそく作らなきゃ~!

材料

  • 無水エタノール        20cc
  • 精製水            30cc
  • アロマオイル(ペパーミント) 10滴

作り方

  1. 無水エタノールとアロマオイル(ペパーミントなど)を混ぜて、ふります。
  2. 精製水を追加してふったらできあがり!

ココがポイント

  • まな板の消毒にも使えるらしいよ!
  • 手を洗った後に、この消毒スプレーを手にまんべんなくスプレーして、もみこんで使うよ。
  • 殺菌作用のあるアロマオイルなら何を使っても大丈夫!おいらはティートゥリーなんかで作ろうかな。

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!
手作り化粧水(カユミ止めローション)

冬になって急に子供の肌が乾燥して赤くなってきました。かゆくて寝ている間に掻いてしまうので、いつも手作りのミツロウクリームを塗っているのですが、治りは早くてもかゆみまでは取れない模様。

ミツロウクリームを塗る前にかゆみ止め効果のある保湿化粧水でもあれば・・・と作ってみました。

抗炎症効果のある精油、ラベンダーを使用しています。

注意事項ですが、1歳未満の子供には使用しないでください!精油を希釈して直接肌に付けられるのは、1歳以上になります。濃度も気をつけてください。0.1%~0.2%が子供に使用できる精油の限度です。

効果はありました。クリームなしでこの化粧水だけで治ってしまいました。水分不足でかゆかっただけ!?

材料

  • 精製水      30g
  • 無水エタノール  1ml
  • グリセリン    3g
  • キトサン(任意) 2g
  • ラベンダーオイル 1滴未満

作り方

  1. 化粧水用のビンに、無水エタノールとラベンダーのアロマオイルを加えて振って混ぜます。
  2. グリセリンと精製水とキトサンを加えて更に振って混ぜたらできあがり。

ココがポイント

  • アロマオイル1滴は0.03g程度なので、30gの精製水に対して1滴が限界です。大人用を作るのであれば、ティートゥリーなどと併せて2滴でも問題ありません。
  • キトサンは任意です。グリセリンを入れているので保湿効果は十分です。
  • グリセリンは全体の10%にしています。
  • かゆみ止め効果を加えるためにラベンダーオイルを加えています。ラベンダーには抗炎症、鎮静効果などがあります。ティートゥリーでも代用可です。両方あれば尚良いですが、2滴(ラベンダー・ティートゥリー各1滴)加えるなら、精製水など他の基材を倍の量にしてください。(子供に使用する場合)
  • 保存料が入っていませんので、1~2週間を目処に使い切ってください。子供と一緒に自分の化粧水にするのもいいかと思います!

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!
キトサン化粧水

ecomoというエコショップでキトサン溶液を入手したので、化粧水を作りました。保存料を入れないので、消費期限が短くなりますが、肌には良さそうです。

材料

  • キトサン液   2g
  • 精製水     30g
  • (月桃エキス 1g)お好みで
キトサン溶液はこのようなものを用意。ものによって濃度が異なりますので、説明書を読み、水加減を調整してください。

作り方

  1. 材料をすべてボトルに入れて振って混ぜたらできあがり。

ココがポイント

  • キトサンがヒアルロン酸並みの保湿を実現してくれるので、精製水とキトサンだけで十分ですが、お好みで月桃エキスを入れてみたり、少量のティートゥリーオイルを入れてみたり、肌の症状に合わせて好きなように作れます。
  • 使用期限は10日くらいなので、あまり多めに作らずこまめに作ります。
  • 瓶の化粧水ボトルを使うと、煮沸して何回も使えるし、衛生的です。
  • キトサンを欲張って入れすぎると肌が突っ張ってカピカピになり、使用感が落ちます。

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!

蜂針療法をやっている方にアトピーや敏感肌に効くというクリームをもらい、 乳児湿疹に試してみたところ、症状がかなり改善しました。

真っ赤でお汁が出ていた顔が、きれいになり、ツルツルに戻りました。


左:蜂毒クリーム  右:プロポリスクリーム

作り方を教わってきたので、ここにメモっておきます。
いただいたものは以下の材料+蜂毒が入っていますが蜂毒は国内入手不可なので
代わりに殺菌性のあるアロマオイルで代用します。

【プロポリスクリームの効能】ヤケド、切り傷、痔全般、脱毛、カンジタ、ヘルペス、ニキビ、床ずれ、等。

【蜂毒クリームの効能】湿疹、シミ、等。

材料

  • ココナッツオイル    250cc
  • ミツロウ        30g
  • (精油)        刺激もあるので基本不要だがお好みで1~2滴

作り方

  1. ココナッツオイルとミツロウを湯煎で溶かしながら割り箸などで混ぜ、
    必要であれば最後に精油を入れてかき混ぜる。
  2. 容器に入れて冷めて固まるのを待つ。

ココがポイント

  • この分量は夏場にぴったりのテクスチャだそうです。
    冬ならミツロウを少なめにします。
  • 乳幼児に使用するならアロマオイルは刺激的だと思うので入れない方が無難。入れなくても、ココナッツオイルがアトピーなど敏感な肌を調整する働きがあるらしいので大丈夫です。

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!

手作り石けんに挑戦!
寝かせて熟成させるので、意外と時間がかかります。

材料(牛乳パック1個分:1000ml)

オリーブせっけん

  • オリーブオイル   500cc(458g)
  • 苛性ソーダ     53g(しっとり)/ 56g(さっぱり)
  • 精製水       180cc

マルセイユせっけん

  • オリーブオイル   500cc(458g)
  • ココナッツ油    112g
  • パーム油      64g
  • 苛性ソーダ     83g
  • 精製水       250cc

作り方

  1. 精製水と苛性ソーダを計量する。
  2. 精製水の中に苛性ソーダを入れて混ぜ、暫く置いて37~38℃にする。
  3. オイルを計量し、2と同じ温度になるまで火にかける。
  4. 2と3を20分泡立て器で混ぜる。
  5. 4がマヨネーズ状になったら、牛乳パックで作った型に流し込む。
  6. 5を保温バッグなどにいれ、1日寝かせる。
  7. 風通しの良いところで乾燥させ取り出し、オリーブせっけんは6週間、マルセイユせっけんは4週間寝かせてから使用する。
    (型抜きで形を作るなら、3週間くらいたって多少柔らかい時に型抜きしておく)

ココがポイント

  • 苛性ソーダ購入には印鑑と身分証明証が必要です。ドラッグストアへ行く時は忘れずに!
  • アロマオイルがあれば、香り付きになります。今回は、イランイランが10滴以上配合されています。

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!
手作りリップクリーム

リップクリームを使い切ってしまったので、大量に作り溜め。

今回は、シアバターを入れて冬に向けた重めの使用感にしつつ、 グロスではなくリップにしたかったので、 ミツロウを多めに、キャリアオイル(ホホバオイル)を少なめに配合してみました。
これなら夏場でもいけます。メンタームくらい固めなので、減りは遅いと思います。
なのに30gも作ってしまった…

材料(30g程度)

  • ミツロウ         6g
  • ホホバオイル       8g
    (未精製を使用したため少し黄色くなりました)
  • シアバター        10g
  • サプリメントのビタミンE 2粒
  • アロマオイル       3滴
    (ラベンダー+ジャスミンにしました)

作り方

ココがポイント

  • 湯煎じゃなくて、電子レンジでも大丈夫です!

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!

生活の木で、モバイルアロマという携帯用アロマグッズを見かけました。

その容器は↓こんな感じで、中のコットンにアロマオイルをしみ込ませて携帯し、出先でくんくんするというものです。

今まで知ってた携帯系アロマと言えば、サシェですが、 サシェは密閉容器じゃないので香りがすぐとんでしまい、 携帯用というよりはポプリ感覚で家に飾るものという感じです。 なので、使い終わったスティックケース(密閉容器)でモバイルアロマ作ってみました。

材料

モバイルアロマ材料
  • スティックケース
    (今回は、使い終わったボビィブラウンのコンシーラーケースを使用)
  • コットン
    (フェイシャルコットンでも、怪我を消毒するコットンでも何でも)
  • アロマオイル    5、6滴
    (今回は甘い系の香りにしようと、イランイラン、ラベンダー、ベンゾイン、グレープフルーツを使いました)
  • 無水エタノール
    (スティックケースの消毒用です。なくてもいいです。)

作り方

モバイルアロマ
  1. スティックケースを洗い、エタノールで消毒します。
  2. コットンを分解し、内部にアロマオイルをしみ込ませます。
  3. アロマオイルがスティックケースに直接つかないようにコットンの上からコットンを巻き(写真:上)、スティックケースに収納します。

ココがポイント

  • アロマオイルにも香りがよくとぶ時間帯があるので、
    使用するオイルが、トップノート、ミドルノート、ベースノートのどの香りなのかを調べておくと、とってもバランスがよく、香りの変化が楽しめます。

    今回の場合はこんな感じ。

    トップノート(30分~2時間):グレープフルーツ
    ミドルノート(2時間~6時間):イランイラン、ラベンダー
    ベースノート(6時間~数日):ベンゾイン

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!

手作りハンドクリームのご紹介。
この手のコスメは、キャリアオイルの量と、ミツロウの量の配合次第で、 リップクリームになったり、クリームになったり、なんでも作れます。
テクスチャの柔らかさ調節によって何にでも変身するわけです。

材料(30ml分)

  • キャリアオイル      20ml
    (アーモンドオイル、ホホバオイルなど)
  • ミツロウ         4g
  • ビタミンEサプリメント  2粒
  • アロマオイル(精油)   4滴

作り方

  1. キャリアオイル、ミツロウ、カプセルの中から抽出したビタミンEサプリメントをビーカーなどの容器に入れて、湯煎またはレンジで溶かし、まぜまぜします。
  2. 完全に溶けたら、アロマオイルを入れ、混ぜます。
  3. 固まらないうちに容器へ流し込みます。

ココがポイント

  • 夏場で暑い場所だと溶けそうなので、持ち歩くならもう少しミツロウを増やします

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!

市販の虫よけスプレーは、農薬を体に吹き付けているようなものだ! と脅され、アロマで作ることにしました・・・。
材料を混ぜて振るだけなので、すぐできます。

手作りアロマ虫除けスプレー

材料(30ml分)

  • アロマオイル(精油) 7滴
    今回使用したのは、ラベンダー3滴、シダーウッド3滴、ベンゾイン1滴
  • 無水エタノール    5ml(小さじ1)
    (ドラッグストアで1200円くらい)
  • 精製水        25ml
    (肌水とか最初からボトルに入っているものでも代用可)
  • スプレー容器

作り方

  1. アロマオイルと無水エタノールをスプレー容器に入れて振って混ぜまず。
  2. 精製水を加えて振って混ぜたらできあがり。

ココがポイント

  • 虫に効くアロマオイルとして代表的なものは以下です。
    好きな組み合わせで作ろう。

    ラベンダー、ユーカリ、サイプレス、ジュニパー、ゼラニュウム、
    ティートゥリー、レモングラス、ヒノキ、ヒバ、月桃、
    シダーウッド、シトロネラ、ペパーミント


  • 今回使用した、ベンゾインは、虫除け効果だけでなく香水のような良い香りにするために入れてみました。
  • 柑橘系アロマの香りは良いけれど、日に当たるとまずいので、虫除けには向いてません。
  • スプレーボトルに入った肌水のような安物化粧水を精製水の代わりにして作っても問題ないです。保存料が最初から入っているので、精製水で作るより長持ちします。

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!
手作りリップ

てづくりっぷノーマルバージョンのレシピです。 ちょっとゆるめです。冬用です。夏場ならミツロウ+1gです。

材料

  • ミツロウ         2g
    (精製でも未精製でも可)
  • ホホバオイル       9g
  • ローズヒップシードオイル 1g
  • お好みの精油
    (シダーウッド精油 2滴、ティートゥリー精油 1滴

作り方

  1. ビーカーなど耐熱性の容器にミツロウ、ホホバオイル、ローズヒップシードオイルをいれて、湯煎で溶かします。
  2. 溶けたら火を止め、お好みの精油を入れて、混ぜます。
  3. 冷めないうちに容器へ入れて、常温で固まるまで待ちます。

ココがポイント

  • 天然ビタミンCの豊富なローズヒップオイルを入れています。
  • 容器は、コンタクトレンズケースなど、何でも使えます。エタノール消毒するといいです。

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!
手作りリップ

材料を湯煎で溶かすだけの手作りリップクリームの作り方を紹介します。
今回は、シアバターを加えたのでちょっと重め&しっとり系リップクリームです。
グロスといえばグロスにもなります。かなりゆるめです。
香りはアロマオイルでつけます

今まで作ったリップの中でも保湿効果がとっても大きいリップです。がさがさの唇に夜塗って寝ると、朝はぷるぷるになっていました。 シアバターとビタミンE効果は大きいみたいです。


材料

  • ミツロウ    10g
    (精製でも未精製でも可)
  • ホホバオイル  20g
    (お好きなキャリアオイルで構いませんがホホバオイルは酸化しにくくお勧めです)
  • シアバター   20g
  • サプリメントのビタミンE  2粒
    (中に液体の入ったカプセル状のもの。コンビニなどで売っているものでOK)
  • お好みの精油  2、3滴
    (今回はベンゾイン(安息香))

作り方

  1. ミツロウ、ホホバオイル、シアバターを湯煎で溶かしながら、割り箸でしばらく混ぜます。
  2. 1を湯煎しながら、サプリメントのビタミンEを加え、よく混ぜます。
    サプリメントのビタミンEは、カプセルに爪楊枝で穴をあけ、指で絞り出します。
  3. 湯煎の火を消し、お好みのアロマオイルを2滴程度加え、よく混ぜます。
  4. 冷めないうちに、リップクリームのケースに液体を流し込みます。
  5. 冷えて固まればできあがり!冷蔵庫には入れません。常温で固めてください。

ココがポイント

  • 冷やし固める時に冷蔵庫に入れてしまって、質感がザラザラのリップになってしまったことがあります!常温でゆっくり固めましょう。
  • ビタミンEのサプリメントは、酸化防止のために加えています。
  • 使用する精油は、皮膚に付けて良いものにしましょう。
    柑橘系のオイルは、日光に当たると皮膚にしみができてしまうことがあるので避けましょう。

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!