ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索
カボチャのスープ

カボチャのスープは、夏なら冷製で、冬なら温めて、季節を問わず美味しくいただけます。 なので、我が家では大量にスープのもとを作って冷凍し、飲みたい時に解凍して牛乳で薄めるという具合に常備しています。
結構簡単です。ミキサーが必要ですが、こす必要はありません。

フランス料理屋では、シェリー酒で香りづけたスープを振る舞っていたので、真似して加えたら、あら不思議、フレンチなスープ!

材料(4人前)

  • カボチャ   半分
  • たまねぎ   半分
  • コンソメ   固形1個
    (チキンブイヨン、洋風だし、など何でもOK)
  • バター    適量
  • 塩      小さじ1~2
  • こしょう   少々
  • 水      適量(500ml)
  • 牛乳     適量(500ml)
  • シェリー酒  少々

作り方

  1. カボチャのスープ鍋にバターをひいて、たまねぎを透き通るまで炒めます。
  2. カボチャを加え、表面に火が通るくらい炒めます。
  3. カボチャとたまねぎがかぶるくらい、水を加えて、コンソメなどの洋風だしを入れ、具が柔らかくなるまで煮込みます。
  4. カボチャに完全に火が通ったら、塩・こしょうを加えて火を止め、あら熱をとります。
  5. あら熱がとれたら、ミキサーやフードカッターに入れ、ペースト状になるまでミックスします。
  6. ミックスした具材(これを「スープのもと」と呼びます)を半分くらい鍋に戻し、残り半分は容器に入れて、冷蔵庫または冷凍庫で保存します。
  7. 鍋に戻したスープのもとに、牛乳を加えて、混ぜます。 カボチャのスープ 濃いめのスープが好きな人は牛乳を少なめに。 温かいスープなら、そのまま火にかけて温めます。 冷製スープにするなら、牛乳を加えた後に、冷蔵庫に入れます。
  8. 最後にシェリー酒をちょっとだけ加えてできあがり!シェリー酒は千円程度の辛口でOK

ココがポイント

  • スープのもとが余りそうなら、いつでも飲めるように冷蔵or冷凍保存すると便利!
  • 保存したスープのもとは、牛乳に溶かすだけですぐに飲めます
  • サワークリームを添えると、酸味がきいて美味しいです

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * 洋食(見直し中・・)」をもっと見ちゃう!
関連記事