ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索

蜂針療法をやっている方にアトピーや敏感肌に効くというクリームをもらい、 乳児湿疹に試してみたところ、症状がかなり改善しました。

真っ赤でお汁が出ていた顔が、きれいになり、ツルツルに戻りました。


左:蜂毒クリーム  右:プロポリスクリーム

作り方を教わってきたので、ここにメモっておきます。
いただいたものは以下の材料+蜂毒が入っていますが蜂毒は国内入手不可なので
代わりに殺菌性のあるアロマオイルで代用します。

【プロポリスクリームの効能】ヤケド、切り傷、痔全般、脱毛、カンジタ、ヘルペス、ニキビ、床ずれ、等。

【蜂毒クリームの効能】湿疹、シミ、等。

材料

  • ココナッツオイル    250cc
  • ミツロウ        30g
  • (精油)        刺激もあるので基本不要だがお好みで1~2滴

作り方

  1. ココナッツオイルとミツロウを湯煎で溶かしながら割り箸などで混ぜ、
    必要であれば最後に精油を入れてかき混ぜる。
  2. 容器に入れて冷めて固まるのを待つ。

ココがポイント

  • この分量は夏場にぴったりのテクスチャだそうです。
    冬ならミツロウを少なめにします。
  • 乳幼児に使用するならアロマオイルは刺激的だと思うので入れない方が無難。入れなくても、ココナッツオイルがアトピーなど敏感な肌を調整する働きがあるらしいので大丈夫です。
関連記事

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * アロマクラフト」をもっと見ちゃう!
コメントをぽんこまるだけにしか見えなくする