ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索

月齢も進み、生まれたての頃ほど子供に付きっきりでなくても良くなると、時間にも余裕が出てきます。9ヶ月になるのですが、心の余裕も十分なので紙おむつから布おむつへ移行することにしました。

何故かというと・・・

  • 紙おむつの中の高分子ポリマー(水を含むとゼリー状になる化学物質)を誤って5g飲んでしまった子供が死亡した例がある、という記事を読み、不安になった。
  • 紙おむつには他にも漂白剤や科学的な物質が多く含まれている可能性があり、アレルギー症状を起こす子もいるらしい。今かぶれなど起きていないが、何れ花粉症のようなキャパオーバーを迎えて、アレルギーを起こしたら困る。しかも粘膜に近い部分は経皮毒の影響を受けやすい。つまり、顔に塗るものや手に塗る化粧品に比べ、おむつの添加物を子供のおしりから吸収しやすい。
  • 毎週紙おむつを毎週買いに行くのが面倒。使い捨てより経済的。

こんなところです。といっても、出掛けるときは紙おむつを使おうと思っています。出先で布おむつを持ち帰るのは荷物になるので・・・。可能な時間はすべて布おむつ、大変な時は紙おむつ、と臨機応変に無理なくやっていくことにしました。

選んだ布おむつ


購入したのは、エンゼルのおむつカバーと

エンゼルの成形おむつライナー。


使い方は簡単でした。おむつカバーは1日中同じものを使って、中のおむつライナー 【エンゼルのベビー用品】布おむつ派の方におすすめ!ラッキーオムツ(成型オムツ)4枚入りというのを入れ替えるだけです。


ファジバンズの吸収体一体型布おむつ
ちなみに一体型というのも海外製品で出ていることがわかりました。ただ、洗って乾くまでに時間がかかるということで、中だけ入れ替えることができるエンゼルの布おむつを選びました。


シンクビーのおむつカバー

エンゼルの他にも、おむつカバー+中の吸収ライナーという組み合わせで使用できるのがシンクビーというところの布おむつでした。エンゼルより千円くらいは割安なので、1つおむつカバーを購入しました。エンゼルとシンクビーの良いところは、大きなサイズ90cmの取り扱いがあるところです。また、シンクビーのおむつカバーに 【エンゼルのベビー用品】布おむつ派の方におすすめ!ラッキーオムツ(成型オムツ)4枚入りを入れて使うことができます。


大半をネットで購入したわけですが、布おむつ初心者としてはとりあえず触ってみてから買いたいなと思い、最初のおむつカバーとしてイトーヨーカドーに常駐しているエンゼル社の営業の人にちゃんと使い方を聞いて買いました。


エンゼル営業さんとのQ&A

  • おむつカバー、ラッキーオムツ(中のライナー)は洗濯機で洗濯してOK?
    →問題なし!
  • おむつカバーを洗濯機で洗ってしまうと防水加工がとれない?
    →取れることはない。防水機能が弱くなってきたというのは生地の目が開いてきてしまった証拠。おむつカバーにガーゼを1枚敷いて、低音のアイロンをかければ目が塞がり、また防水機能が復活します!
  • 夜はラッキーオムツ1枚で間に合わなそうだけど、どうしたら良い?
    →ラッキーオムツを2枚重ねれば、朝まで替えなくても大丈夫!

とのことでした。特に、防水機能が低下したらアイロンで復活!なんてことどこにも書いてなかったので、重要な情報でした。



布おむつを使用してからの変化

  • はじめておむつが濡れて泣くようになった。これでおむつはずれも早くなるか?
  • どれだけおしっこをしているかが良くわかるようになった。おむつ替えが面倒なものから楽しみなものになった。
確かに洗濯するものが増えはしますが、ちょいっと手洗いして、洗濯機のスピーディーモードで短時間洗濯をしているので、あまり負担はかかっていません。昔ながらの布おむつと違い、成形おむつは小さくて吸収力がある上、乾くのが早くて素晴らしいです。

関連記事

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * 子育て」をもっと見ちゃう!
コメントをぽんこまるだけにしか見えなくする