ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索
安産お守り

大切な友人から妊娠の報告を受け、嬉しくて安産のお守りを作りました。

別の友人と相談して、妊娠祝いに何を上げようか相談した上でこれにしました。妊娠初期で何があるか分からない時期に、赤ちゃん関連グッズをプレゼントしても、万が一のことがあった時にちょっと悲しい・・・という友人の意見により、今後の順調な経過を祈願する意味でお守りにしよう!!!という結論に辿り着いたわけです。

最近よく制作しているハワイアンキルトで作りました。一見なんのヘンテツもないデザインかもしれませんが、実は考えに考えた上のデザインです。ハートのアップリケが友人。アップリケの中にもう一つキルティングしたハートがお腹の赤ちゃん。そして、アップリケの外側にキルティングしたハートは旦那さん。旦那さんが二人を守っているみたいな感じをイメージしてこんな感じになりました。

それと、どうせ身につけてもらうならマタニティマーク兼用になるといいなと思い、「Hello! my baby」と刺繍しました。「baby」の文字に気づいてくれる人がいれば、電車で席を譲ってもらえるかも!?ささやかな願いです。

安産お守り

裏には、名前を刺繍しました。名前なのであんまり目立ってもはずかしいかも、と思い、さりげなく光るシルバーの糸を使用しました。

最後に実はこのお守りには仕掛けがあって・・・。中にメッセージが入っています。生まれたら中を開けて読んでもらうというサプライズ付き。水天宮のお守りよりも効くはずです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハワイアンキルトへ
にほんブログ村ランキング参加中です。クリックお願いします!

材料

  • 2色の布
  • キルト芯(薄手)
  • 糸(布と同じ色のもの+シルバー糸)
  • ストラップ用毛糸

作り方

  1. 今回は4cm×8cm(縫い代を含めると6cm×10cmくらい)の布を4枚用意し、1枚にハートのアップリケを付けます。
  2. アップリケを終えたら裏布の間にキルト芯を挟み仮縫いし、ハートのきわに落としきるとをします。これでエンボス感を出します。
  3. ハートアップリケの中にシルバーの刺しゅう糸でハートをキルティングします。
  4. 周りにもキルティングを施します。
  5. 文字を刺繍します。青い糸2本取りです。
  6. 残りの2枚の布の間にキルト芯を挟み、波模様と名前をキルティングします。
  7. 出来上がった2つのキルトを裏返して縫います。口は閉じないように。
  8. 表を出すように裏返して、中にメッセージを入れたら、紐(毛糸で作ったものなど何でも)と一緒にまつり縫いをして口を閉じます。

ココがポイント

  • 大きさは凄く適当で大丈夫です。布は勿論、綿100%です。
  • キルト芯は2枚も重ねるので薄手がいいです。
関連記事

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * キルト・手芸」をもっと見ちゃう!
コメントをぽんこまるだけにしか見えなくする