ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索
マクロビオティックごはん

どうも健康のことが気になるお年頃になってきたおいら。
特に、おいらには緑の野菜を食べたがらないちびっ子や、頭痛と鼻炎を抱えた多忙なご主人ぽんこっきーがおって、なんとかしたいなあと常に思うのであるー。

最初は、ぽんこっきーの不健康を食から改善しよう!ということで、おいらのひとりプロジェクト「マクロビオティックぽんこまるごはん」がはじまったのだけど、偏食するこぽんこの健康にも良い!ということに気づいて、最近はマクロビオティックの考えに則った玄米ご飯がおいらのブームなの。

そもそも、マクロビオティックってなんぞや、と思っていたおいらだけど、なんのことはない!
簡単に言ってしまえば、現在の世の中は、白米を食べるのが主流で、白米をベースに偏ることなく栄養を摂ろうとすると、肉や魚が必然的に食さなきゃならないものになってしまっているけれど、ミネラル豊富な玄米を食べれば、そういった動物性ものもは一切食べなくても大丈夫、あとは豆や野菜で補えるから、ということなのだ。
つまり、玄米ご飯ばんざーい!野菜や豆を皮ごと、まるごと食べちゃおう!ということなのだ。(簡略化しすぎてわからん・・・?)
白米って、ミネラル豊富な糠(ぬか)の部分を落として、しかも水で研いで更に栄養を落としてしまっているから、おいしいんだけど、健康上はかなりもったいないことをしてるんだってね。

玄米食べときゃ、肉も青い野菜も嫌いな子供にとっても、栄養が偏りにくくなるってことに気づいたおいらは、こぽんこに毎日のように食べさせるようにしているよ~。
よく、玄米は灰汁も入っているわけだから、食べにくいなんていうけど、そんなこともなかったよ。
というのも、おいらの持っている炊飯器、ちゃっかり「玄米モード」があったのだ~。
気にしなくても、やわらかく炊けたぞ。

マクロビオティックごはん

マクロビオティックごはんは、質素だから、最初はなんだか物足りない感じがするし、なんなら離乳食のような感じもするけれど、完全にマクロビオティックに移行しないで、ちょっとずつ取り入れればおいしく、食べられるよー。

参考レシピ

決定版 おいしいマクロビオティックごはん―やせる・健康になる・きれいになる・若返る 体にやさしい自然の味、手軽に作れる穀物菜食 (主婦の友新実用BOOKS)
レシピ数が多くて、安い本なので、マクロビオティック入門にもってこいのレシピ本!
おいらは、この本を見て片っ端から作っているよ。
いつも全部の材料が揃っているわけじゃないから、レシピ通り作らないことが殆どだけど、なんとなくそのレシピの雰囲気で作れば大丈夫~。
基本的には、和食を作るだけのことだから、なんてことはないぞ!

関連記事

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * 食レポート」をもっと見ちゃう!
コメントをぽんこまるだけにしか見えなくする