ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索
ひめたけの甘味噌煮

富山の親戚からもらった、ひめたけ~!

おいら、これ大好きなんだよね。しかし、おいしいだけに採るのすっごい大変らしいよ!迷子になりそうな寒い山でとるらしいんだから・・・。

だから、なかなか国産で、採れたてをもらえるなんて滅多になくて、おいらも年に1回くらいしかもらえないの・・・。

手作り安倍川餅とバター醤油餅

ひめたけの他に、ホームベーカリーでお餅をついて、つきたて安倍川餅と、バター醤油餅を作ったよ。

じいたんばあたんや、ひいばあたん、みんな集まっておいらのおうちでおせち料理をだらだら食べる会を開いたの。

ひめたけの甘味噌煮

おいらが作ったのは、伊達巻き、黒豆、もずく酢、安倍川餅とバター醤油餅、ほうれん草のごま和え、ヒメタケの甘味噌煮!ヒラメの昆布締めは、残念ながら完食・・・。ふるまえず・・・。

3時くらいに、柚子ピールの天然酵母ベーグルも焼いたんだ。これは中高年に大人気!柚子はやっぱり中高年のアイドルだね。
ひいばあたんもベーグルいっぱい食べてくれたよ。

あと、筑前煮と秋刀魚の骨まで食べれるやわらか煮は、ひいばあたんが作って持って来てくれた~!サイコー!

夜は余ったおかずと玄米で、おいしい夕食に♪結局1日中食べてたな・・・。

材料

  • ひめたけ 灰汁抜き済みのもの(スーパーでも売ってるのを見たことがあるよ)
  • 味噌   大さじ3~
  • 砂糖   少々
  • 酒    大さじ1
  • 塩    少々
  • 昆布   適量
  • 水    タケノコがかぶるくらい

作り方

  1. 昆布を水にひたし、その後火をかけ出汁をとります。
  2. 昆布入れっぱなしの状態で、あくぬき済みのひめたけ、味噌、砂糖、酒と共に良く煮ます。塩は味噌の塩加減により調整します。
  3. 味がしみるくらい弱火で煮つめていきます。何度か火にかけたり冷したりを繰り返し、味がよくしみたらできあがり!

ココがポイント

  • 昆布は煮続けるとドロドロになってしまうので、ほどほどのところで取り出すと良いです。トロトロに溶けた昆布もおいしいので、おいらは食べちゃうけど・・・!
関連記事

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * 副菜」をもっと見ちゃう!
コメントをぽんこまるだけにしか見えなくする