ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索
この度の地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

このブログの総アクセス数は、開始から約4年間で15万人を超えました。
その中には、被災された方・・・今も不便な生活をしている方がいるかもしれません。
とても悲しいことです。
おいらの仙台のおばあちゃん、おじさん、福島の親戚も今、そんな状況です。

そんな方々の為に、微力ながら、
地震のあった3月と今月分のインターネット収入を寄付させていただこうかと考えています。
(石川遼選手には遠く及びませんが。)
そのためには、今までよりもっと質の良い記事を提供して、アクセス数を増やしていかねばなりません!
腱鞘炎にならない程度にがんばろう。

おいらは東京都民ですが、震災当日は茨城県つくば市の友人宅にいました。
都内より揺れたと思います。
帰宅難民になりましたが、つくば駅前の「オークラフロンティアホテルつくば」ロビーにて一晩過ごし、
翌日千葉のぽんこっきー実家へ知人の車で送ってもらいました。

つくばの友人宅は停電でこぽんこが怖がるので、
ライフラインが無事だったホテルに移動したのですが、
ホテルオークラの対応は感動的でした。

ロビーには100人を超える人が、椅子や階段に雑魚寝している状態でした。
スーツ姿のビジネスマン、翌日大学入試の学生、色々いらっしゃいました。

そんな人たち全員に足りるまで、炊き出しをしてくれました。

震災の夜は、トン汁とおにぎり。
夜どんどん避難者が増え、それも足りなくなってきて出てきたカレーライス。
最後はホテルのおいしいパン。
気づけば沢山のウォーターサーバーと紙コップ。
翌朝にはお味噌汁とおにぎり。

余震はひどかったですが、食事やトイレには全く困らず一晩過ごすことができました。

震災後すべてのコンビニ、飲食店、ドラッグストアなどが店じまいをしてしまう中、
見知らぬ土地で子連れのおいらと、友人母子にとっては、ホテルオークラだけが頼みの綱でした。

友人の子の紙おむつが足りなくなってしまい、コンビニやドラッグストアを歩き回って探しましたが、
停電してレジも打てない状況なので、モノがあっても売ってくれませんでした。
つくば駅近辺、すべての店舗が全く機能していませんでした。

一方でホテルオークラは、避難所として当たり前に機能しただけなのかもしれませんが、
こんな事態に、いつもと同じサービスを提供している従業員の方々たちを見て、
プロフェッショナルってこういうことだな!と感動したのでした。

炊き出しをしてくれたシェフたちも、気づけば同じフロアでコック帽をはずして雑魚寝していました。
しかし、明け方4時にむくっと起きてコック帽をかぶり、朝ごはんの準備へ向かっていきました。
夜中まで炊き出しして、たいして寝ないで、家にも帰らず、みんなの朝ごはんを・・・。
素晴らしかったし、嬉しかった!


みんながこうやって社会的責任を果たしていけば、世の中良い方向へ進んでいけるはず!

さて、おいらも稼ぐぞ~。
関連記事

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * お知らせ・ニュース」をもっと見ちゃう!
コメントをぽんこまるだけにしか見えなくする