ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索
 また・・ぽんこまるはヘンテコなことしてるなーって思ってるでしょー。
木の実でのお洗濯は、お肌と地球に優しいだけなんだよ♪

今年のおいらのテーマは、「古き良き日本の伝統を復活させる!」ことなのです。

ちなみに去年のテーマは、「懐石料理を極める」だったのだが・・・。
結果的に上級食育士の方と知り合ったり、知人が先生をやってるのでマクロビの教室に行ったり
懐石料理ではなかったけど、日本料理は勉強できました♪

今年は、日本の無くすのはもったいない風習や文化を生活に取り入れて行くよ!
自宅出産した話もそのうち綴ります。
自宅出産って、こんな時代だからこそ古いようで新しい方法だと思うんだよねー。


さて、これまでのおいらの洗濯は、近所のクリーニング屋さん(ecomo
のおじさんに教わった
「過炭酸ソーダ」「重曹」「クエン酸」を中心にした洗濯だったんだけど
ここに、ムクロジの木の実お洗濯を加えてみました。

アメリカではムクロジの木の実はソープナッツって言って、
ロハスとかに興味のある方々の中では有名はお洗濯法。

ムクロジの乾燥した木の実を、コットンの巾着に入れて
洗濯機に入れるだけ。


木の実こんな感じ


袋に5つくらい入れて、10回以上はお洗濯できるよ。
不思議なことに、泡ぶくぶくになるんだ。

そして柔軟剤不要!すすぎの行程まで入れておくと、洗濯物がフワフワになる。
過炭酸ソーダだけではバサバサになってた布おむつの手触りが良くなってたんだ。
今までは過炭酸ソーダや重曹で傾いたアルカリ性を、クエン酸で中和して
洗濯物のバサバサ感を取り除いていたけど、あまり効果を感じられず・・・。
でもムクロジは簡単にこれをやってのけた。

ムクロジの木の実には、サポニン(天然の界面活性剤)が20%含まれているらしく、
これが洗剤の役割をしてくれる。

この話を義母にしたら、なんと知っていた!
ひいおばあちゃんの代は「サイカチ」というやはりサポニンが豊富な木の実で
洗濯していたらしい!小さい頃見たことがあるらしい。
サイカチもきになるな〜。拾いに行ってみたいな〜。

ムクロジは、インドではリタって言ってるけど、
サポニン豊富な木の実は世界中にあって、やはりどれも洗濯や洗顔や体洗いに使われていたんだって〜。

サポニンがなくなって泡立たなくなったら土に返してやってね。
おいらは野菜の皮やぬかで肥やしを作っているので、そこに入れていくよー。
その肥やしで夏にミニトマト栽培♪
東京でも楽しい循環型の生活ができるよ〜。

ちなみにサポニンといえば「小豆」に豊富ってのは有名だよね。
小豆洗うと確かにちょっと泡立つよね。あれがサポニン、天然の界面活性剤だね。
ってことはあずきでも洗濯できるってことだよねえ・・・。
と考えていたら、思い出した。
小さい頃父親の田舎に行ったら、洗濯機にあずきの入ったネットが入ってた!
あずきで洗濯してたんだね。今になって謎が溶けた。


今はムクロジ、インターネットで買ってるけど、
近々木を見つけて拾って使おうと企んでいるおいらです。
日本の神社には結構あるらしい。

でもインド産のムクロジ(リタ)のがサポニン豊富で洗濯に向いているっぽいから
広いものでうまくいくかは!?

ムクロジは粉末も売ってるよ。
食器洗いに使えるらしいね。石けんや洗剤で手が荒れる人に良いのかな。
次は食器洗いに使ってみます。
関連記事

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * 趣味の世界」をもっと見ちゃう!
コメントをぽんこまるだけにしか見えなくする