ものづくりを楽しむ!「幸房はなかな」へようこそ。ゆっくりとご覧ください。サイト内検索はこちら →
記事検索
 ムクロジ(別名ソープナッツ、リタ)での
お洗濯の話の続きだよ。

今度は、インド産リタの粉末で食器を洗ってみた。
おいらはインド人からわけてもらっているやつを安く買ってみた。

ちゃんとした製品になってるのもあるけど、ちょっと高いかも。

結果・・・

全然泡立たない。

でもツルツルキュキュッと
落ちてるんだよね。
不思議なもので。
油物なんかにはテキメン!!!2度も洗わず大丈夫。

重曹をスポンジに付けて洗っている感覚と似ているよ。
でも、手荒れする感じは無い。
重曹だとアルカリ度が高くて皮膚が溶けてく感じがするんだけど・・・。
リタにはそれが少ない。

少量でいっぱい洗えるのが経済的でとてもいいんだけど、
ひとつだけネックが。

洗剤の泡と違って、滑りが悪くて洗いにくい・・・。
スポンジが「ズズッ」と動いてなんとも摩擦係数が気になる。
てか、滑らない。
洗い方にコツがいるなー。

でも安くて手が荒れないし、小さい塩振りケースに入れてるから
置き場所もコンパクトに収まるし、
洗い流すのが早いし(泡切れとか関係ないからね)、
トータルでは使い続けたいところ。
でも洗剤と併用かな。

食器洗い洗剤は、ヤシの界面活性剤のものを使っているんだけど、
少量のリタを一緒にスポンジに付けると、滑りもよくて良く落ちて良かったよ。

「リタ9割、滑らかに滑らす為のヤシ系洗剤1割」
の使い方が今のところベストです。

リタは洗髪などにも使えるけど、おいらは洗髪にはシカカイ使ってみた。

ははは、また馴染みの無いキーワード出てきたね。
シカカイ。

ニームやらアムラやらカチュールスガンディやら・・・

いつのまにかインドハーブマニアになってしまったおいら。

その勢いで、アーユルヴェーダの本を借りて読んでみた。


しかし小難しい本は中断・・・。
一番面白かったのがこれ。

不健康旅行ライターの、スリランカアーユルヴェーダ旅行記みたいな本で、
笑えるし、スリランカという国を旅している気分になって、
ついでにアーユルヴェーダ事情もわかり、
ラッキーなことに、この本を読みながら寝たら、
おいらも夢の中でスリランカに旅行できました。
楽しかった!!!

なんて安上がりな海外旅行・・・。

ともかく、久々に楽しい本だった♪
おいらをスリランカに連れて行ってくれたので。
関連記事

読んでくれて、ありがとう。ブログ村に登録中だよo┤*´Д`*├o →→→ にほんブログ村 雑貨ブログ オリジナル雑貨へ
* * 趣味の世界」をもっと見ちゃう!
コメントをぽんこまるだけにしか見えなくする